破産者が融資を受けることは出来るのか

破産者が新規の融資を希望する時には、金融機関に関する情報を集める必要があります。かつて自己破産をしたことがある人は、信用情報会社にその情報が入ります。信用情報会社にキャッシング履歴の照会をすることで、金融機関は審査による判断を行っています。自己破産の記録があると、キャッシングなどの融資の審査に通ることはまず、ありません。自己破産の記録は永久に残るものでは無いため、5~10年間経過すれば削除されるようになっています。金融機関が信用情報会社に照会をしても、既に破産情報が消えていれば、審査の結果に支障はありません。破産情報が記録されている期間は長いので、信用情報会社に破産履歴が残っていても、融資を受けたいと考えることがあります。状況によっては、破産者の状態でも、審査をクリアし新規の融資が受けられます。破産者の情報が残っている場合は、メジャーな消費者金融会社や、銀行は、審査をクリアできないでしょう。大手の会社ではなく、中小の消費者金融であれば破産者でも融資を行っていることがあります。中小の場合はあまり宣伝をしていないため、口コミでどこであれば利用できるのか調べることができます。破産者に対して融資をしている金融業者の中には、こちらの弱い立場につけ込んで、強引な取り立てや貸し付けをする会社もありますので要注意です。