銀行での融資と消費者金融でのキャッシングの違いについて

金利の差は、銀行の融資と、消費者金融会社のキャッシングでは際立っています。銀行からなら低い金利で借り入れ可能ですが、消費者金融会社の金利はやや高めです。金融機関から融資を受けるという共通点はあるものの、消費者金融会社と、銀行とでは、違う部分があります。銀行の融資は、最初に目的を設定して、そのためのお金を借りる形になります。住宅ローンなら、借りたお金を自宅を建て替えたりマンションを購入する事しかできないし、設備投資の融資なら設備投資以外には使えません。銀行が融資についての審査をする場合、申込み者の収入や資産について調べるだけでなく、購入予定の家屋などについても審査をして、判断をしています。銀行の審査では、担保や保証人について調べたり、借り入れ金額が妥当かどうかの判断を下す必要もあり、必ずしも審査に通るわけではありません。銀行から融資を受けるに際して審査を受けると、消費者金融会社のキャッシングで行われている審査と比べて時間がかかりますが、それは細かい点まで確認しているからです。キャッシングのメリットは、融資金は何につかってもいいお金であり、審査をクリアすることはさほど難しくないことです。何に使ってもいいお金が借りられるために、フリーローンという呼び名もあります。消費者金融のキャッシングは、銀行融資に比べると大変利息が高くなるのが特徴です。借りたお金を返せなかったという人がいても、ある程度のもうけは確保できるように、金利は高くせさせるをえません。